2016年06月19日

すもももももももものうち♪【プラムの栄養素と効果】



プラム



13442391_1049932248432779_858705179412459557_n.jpg

 

プラムは色々な食べ方ができる



プラム。

旬ですね〜。

すもももももももものうち♪

つい、プラムを見ると言いたくなります^^


すもも(プラム・プルーン)は、生のままでも食べられますし、ジャムやゼリー、シロップにして炭酸水や水で割ったり、果実酒などにして楽しむことができる果物です。

さらに、ドライプルーンにすればカレーに入れたり、紅茶で砂糖煮にして食べてもおいしいです♪


でも私は、やっぱり旬のすももは、そのまま生で食べるのが一番好き♪

栄養と効果をみてみましょう。



すももの栄養と効果



すももの栄養はペクチン(食物繊維)、ビタミンAや鉄分がたっぷりです。ビタミンB1やB2、リンなどのミネラルもたくさん含まれます。

そして、これらの栄養素は、干した方がより多く採ることができます。干したすもも(プルーン、プラム)は、健康食品として重宝されています。

効果は、疲労回復、便秘、貧血、解熱などが期待できます。

そして、血色がよい健康的で若々しい肌を作る効果も期待できますよ。お子さんのおやつとしても栄養たっぷりでおすすめですが、是非、お母さんも一緒に召し上がってくださいね。毎日食べると、便通が良くなる効果もあるので、ますますお肌がきれいになるでしょう♪


すももの旬は夏。夏バテの回復にもとてもおすすめです。

ただし、注意点として、すももはとても傷みやすい果物です。購入する際はよ〜〜〜く「見て」、触らないように「見て」ご購入してくださいね。











posted by 話子 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ●果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。